スポンサードリンク

 円形脱毛症 脱毛症 円形脱毛

2010年03月11日

円形脱毛症 専門医治療

円形脱毛症は、よほど軽い症状を除いては、病院での治療や皮膚科などの

専門医による治療が必要になってきます。

専門医の治療内容について紹介しますので、治療を受ける場合などの参考に

して下さい。治療方法について、少しでも知っていれば、専門医から説明が

あった場合など違和感なく受け入れることができると思います。

【局所免疫療法】

局所免疫療法では、DPCPやSADBE(※)といった化学溶液を円形脱毛症を起こ
している場所に塗り、わざと弱い炎症を起こしていきます。

これは、円形脱毛症に対して人工的に刺激を与える治療です。この方法は、
何度も炎症を起こす必要があるため、1週間から2週間おきに治療を続ける
必要があります。

円形脱毛症の治療方法としては、一番効果があり、安全性も高いといわれて
います。

 ※DPCP(DiPhenylCylopropenone)
  円形脱毛症AAで脱毛した時治療するために頭皮に施す化学薬品です。
  円形脱毛症(AA)は、毛が生えている体のあらゆる部分の脱毛を起こす
  病態(condition)のこと

 ※SADBE(スクアル酸ジブチル)
  SADBEという物質は、触れると「かぶれる」という性質を持っています。
  頭皮にSADBEを塗り、カブレを起こさせることにより、毛根を攻撃する
  リンパ球を抑制するリンパ球を呼び寄せます。

【液体窒素による冷凍療法】

脱毛した場所へ脱脂綿につけた液体窒素を数秒つけ、軽いやけどを作り出し
ます。この軽いやけどが、リンパ球の毛根への攻撃をやわらげ、円形脱毛症
を改善します。

さらに、液体窒素による冷凍療法では凍ったものが融けるため、滞っていた
頭皮の血液の流れがスムーズになります。

【温熱療法】

お風呂よりやや高めのお湯(45℃〜50℃)で脱毛している場所を暖めます。
これによって、血行がスムーズになり、毛母細胞に酸素や栄養を供給する
ことができ、発毛が促進されます。

簡単ですが、しっかりした効果が確認されています。ただし、心不全を
患っている人、高血圧の人、発熱している人、幼児には行うことが、
できませんので頭に入れておきましょう。

また、赤外線を利用した赤外線療法もあり、自律神経調節作用や血管拡張
作用などもあることから、すばらしい治療効果が期待できるとして人気が
あります。

【PUVA療法(ぷばりょうほう)による治療方法】

PUVA療法は、ソラレン(psoralen)と長波長紫外線(UVA)を併用する光化学
療法で円形脱毛症に対して効果が認められている治療法です。

円形脱毛症を起こしている場所に対して、紫外線を照射して軽く日焼け
させる方法です。

紫外線を照射する前にソラーレンという薬を塗っておけば、効率的な
PUVA療法となります。

ソラーレンは柑橘系の植物にも含まれる成分で、紫外線に反応してメラニン
を増やすという特徴があります。


posted by tomio at 19:44| 円形脱毛症 専門医治療