スポンサードリンク

 円形脱毛症 脱毛症 円形脱毛

2010年03月11日

脱毛症 女性

脱毛症は、女性にもありますが、女性が脱毛症になった場合、外見が大きく

変わるので、男性より精神的なショックが大きくなるようです。

最近は働く女性が増えたことも背景にあるようですが、職場でのストレスや

家事と仕事の両立で精神的にも肉体的にも疲れてしまうことなども、女性の

脱毛症が増えている原因にあるようです。

女性の脱毛症は、次の種類に分類されます。

■びまん性脱毛症

女性の薄毛症状で最も多い種類です。頭部全体の髪が均等に脱毛し、毛髪が

全体的に薄くなります。特に髪の分け目の皮膚が透けて見えるようになり、

年齢的には、30代後半の中年以降の女性によくみられます。原因としては、

老化、ストレス、極端なダイエット、経口避妊薬(ピル)、過度のヘアケア

などが考えられます。


■分娩後脱毛症

女性の出産前後には、次のような脱毛症状があります。

妊娠後期には、女性ホルモンの分泌が増加するため、ヘアサイクルの成長期

が長くなり、抜け毛が減少します。ただし、出産が終わると女性ホルモンの

バランスが元通りになるため、成長期を維持してきた髪が一気に休止期に

入り、抜け毛が増加します。

脱毛は産後2ヶ月くらいから始まり、産後6ヶ月くらいまで続きますが、

通常1年以内には、元に戻ります。


■牽引性(けんいんせい)脱毛症

ポニーテールや束髪など、頭髪が継続して引っ張られる事によって発生する

脱毛症です。短期間での牽引では、脱毛とはなりますんが、長期間に渡って

牽引が続くと薄毛、脱毛の原因となります。

回復させたい場合は、髪型を変えたり、頭皮マッサージ等で血行を促進する

と効果的です。


■批糠性(ひこうせい)脱毛症

乾燥したフケを伴う脱毛症です。フケが毛穴を塞ぐことで炎症を起こし、

毛髪が正常な成長をすることができなくなります。過度の洗髪や、洗浄力の

強いシャンプーによる皮脂の取り過ぎが原因になっています。


posted by tomio at 17:31| 脱毛症 女性